弁護士費用特約で損をしないための注意点

弁護士費用特約には様々な制限があることに注意

近年、自動車の任意保険にはほとんどと言って良いほど弁護士特約が付帯されていたり、あらかじめ基本的なプランの中に組み込まれていることがありますが、弁護士特約があるからといって安心しきっていると痛い目を見ることがあります。
なぜなら保険会社が定めている弁護士特約には様々な制約があり、弁護士の相談費用の上限が決められていることや、示談までの期間そのものが決められているため、その中で弁護士への相談を行い、示談成立へと持ち込みますから、本当に納得できる慰謝料の支払いが受けられないケースがあります。

こうなると途中まで弁護士に相談して話を進めていたにもかかわらず、最終的に示談成立をさせる段階で納得できないと言う人は改めて弁護士を探さなくてはなりません。
任意保険での弁護士特約の場合には保険会社と提携している弁護士ということになりますので、当然損得勘定を考えた上でこちらに過失がある場合などは早々に示談をするように進められてしまうことがほとんどです。

賠償金だけでなく精神的損害を考慮してくれる弁護士に依頼する

しかし例え加害者になってしまった場合であっても、先方が毎日のように家に乗り込んでくるというトラブルや、先方の家族友人知人などから嫌がらせを受けているなどの場合には事故とは違った方面での慰謝料請求をすることが可能になりますので、こうした部分までしっかり対応してくれる弁護士を探すことが大切になります。
保険会社の特約として付帯されている中での弁護士への相談は、上記のようなトラブルまで対応してくれる事は少なく、あくまでも事故についての過失割合、そして最低限に関しての慰謝料請求に対するものとなっていますので、加害者が上記のように被害者から受けた精神的被害などに関してはスルーされめしまうことがあります。

ご自身が加入している保険会社での弁護士特約がどのような上限を設けているのか、またどのような内容に応じてくれるのかということを確認した上で、スムーズな話し合いができないと考えた場合には、早急に交通事故を専門に扱っている弁護士への相談をした方が良いでしょう。

投稿日: