弁護士費用特約を使えば自己負担なく弁護士に依頼できる

自動車やバイクの任意保険には弁護士特約が付帯されているものとそうではないものがあります。
もともとプランの中に組み込まれている保険もありますが、そうではなく自分で付帯内容を選ぶような任意保険であれば、特に弁護士特約は必要ないと省いてしまう人もいるでしょう。
任意保険での弁護士特約は相手との示談交渉していく中で弁護士にお願いする場合、ここでの弁護士費用を保険会社が補償してくれるというものになります。

弁護士費用特約には加入していたほうがもしもの時に助かる

一般的には事故の示談交渉をする際に弁護士に相談して依頼をした場合、多額の費用が必要になってしまい、保険会社から支払われた保険料の中だけでは弁護士費用がまかなえないケースがほとんどです。
また弁護士に依頼しており、慰謝料請求ができても弁護士費用を支払わなくてはならないので、手元に残るお金そのものが少なくなってしまうなどもありますが、任意保険で弁護士特約を付帯させておけば、自分で弁護士費用を負担する必要がありませんから、思う存分に弁護士に相談したり、示談交渉をする場面でも弁護士の力を借りることができます。

そのため必要ないと感じても、できれば弁護士特約は付帯させておいた方が良いものとなっており、万が一自分自身が事故に遭ってしまった場合には、被害者、加害者に関わらず弁護士が対応してくれるような状況を伝えておきましょう。
月々の保険料は少々高くなってしまうかもしれませんが、実際に事故を起こしてしまった際に弁護士に相談することを考えると、コストそのものは非常に低いので多少の無理をしてでも付帯させておいた方が良いことは間違いありません。

弁護士費用特約に入っていない場合は自費で弁護士費用を支払わなければならない

近年の自動車任意保険にはほとんどのものが弁護士特約を付帯させられるようになっていますが、実際に自分自身が使用することはないだろうと弁護士特約を付帯させていないドライバーさんもいます。
保険料の支払いをする場合には弁護士特約を組み入れるだけで月々の保険料が変わってきてしまうので、経済的にあまり余裕がない人は省いてしまう事も多々あるでしょう。

しかし、万が一自分自身が弁護士特約を付帯させていない状態で事故を起こしてしまった場合、加害者であっても被害者であっても、先方との交渉を行っていく中で弁護士に頼ることができません。
そのため先方から言われることを次々と鵜呑みにしてしまい、最終的には自分が損をするなどというケースがありますが、あくまでもここで弁護士に相談することができないのは任意保険の範疇での話になってくるので、特約を付帯させていなくても交通事故に詳しい弁護士に相談することが可能です。

近年インターネット上でも交通事故に関して詳しい知識を持った専門弁護士が増えている事が知られ、メール相談や電話相談などができるようになっていますので、任意保険で弁護士特約を付帯させておらず、実際に事故を起こし、非常に困ってしまうなどの場合には、こうした弁護士を頼るようにしましょう。

初回相談が無料であったり、相談そのものは何度でも無料と言う弁護士が増えてきているので、非常に良心的に対応してもらうことが可能です。
その中で必要に応じて実際に示談交渉などを弁護士に依頼する際には、もちろん弁護士費用が必要になりますが、ここでの費用もリーズナブルなものになっており、さらには自分が被害者であった場合、これまで保険会社から提示されていた慰謝料よりもはるかに大きな金額の慰謝料を受け取るなどの可能性が高まるため、メリットはたくさんあります。

交通事故に関する慰謝料の算出方法は多岐にわたりますが、一般的には保険会社の都合のいいように支払われてしまうものとなりますので、何も知らない被害者は支払われた慰謝料は当たり前のように受取り、それで納得してしまう傾向にあります。
しかし実際に弁護士の話を聞いてみると、こうした部分では保険会社の算出が大部分を占め、本来であれば大きな金額での慰謝料が受け取れるにもかかわらず、保険会社に言いくるめられて少しの補償せか受けられない被害者が増えていますので、このような部分で弁護士に依頼して保険会社から提示されている慰謝料が本当に正当性を持った金額なのかじっくりと考えていくようにしましょう。

投稿日: