適正な賠償金を得るためには適正な後遺障害等級を認定してもらうことが重要

むち打ちの症状に悩まされる交通事故被害者は多い

交通事故による後遺症認定は非常に厳しいものだと言われており、特に被害者の方々が長年悩まされてしまう症状の一つにむち打ちがあります。
むち打ちは、事故を起こした直後は非常に強い痛みや体に対しての影響なども出るため、当然通院することとなりますが、保険会社側から治療補償ができる期間等が言い渡されてしまい、その後のむち打ち症状に関しては自分の判断によって通院を続けていかなくてはなりません。

こうなればもちろん保険会社との話し合いが終了し、支払われた慰謝料だけでは足りず自分で治療費を支払っていくこととなります。
正直なところ、むち打ちはある程度時間が経過してしまえば痛みなどがなくなり、日常生活に支障を与えるようなことはありませんが、季節の変わり目や、日常で少し無理をした時などに後遺症として痛みが生じる事は多々あります。
しかしこのような部分においては、ある意味で被害者が泣き寝入りをするのは当然のような常識となっており、仕方がないと割り切られてしまうのも水面下では横行している後遺障害の診断基準となっています。
そのため、むち打ちに関しては、症状を抱えながらでも示談に納得せざるを得ないような状況となっているのですが、例えばこれが一時的ではなく、示談成立の数年が経過し、聴力に異常があったなどの場合、仮にこの聴力への異常が事故によるものだと認められても保険会社との示談交渉が終了していれば保険会社は一切取り合ってくれません。

適正な後遺障害を認定されたければ徹底的に検査を行うべき

その為、交通事故による後遺症認定を行う際には徹底的な検査を行い、少しでも今後の懸念があれば、このような部分まで視野に入れた上での認定をしなければなりません。
こうした後遺症障害に関してのトラブルは最も多い事例となっており、これまでは保険会社の主張が一方的に通る傾向にありましたが、近年ではこうしたことを専門に扱う弁護士などの動きによって、示談が終了した後での後遺障害認定も変化が起きています。

とはいえ、やはり示談が終了してしまった後の話し合いはスムーズにいかず、時間や手間がかかるものですから、その前の段階で後遺症認定を行う際に様々な検査を行い、自分の後遺症認定を受けられるように努力しましょう。
セカンドオピニオンを利用することや、その他事故による後遺症に詳しい知識を持った医師を探すなど、その時は面倒だと思うようなことでも自分の体を考えた上で徹底的に検査をする必要があります。

投稿日: